08:30 2020年10月26日
米国
短縮 URL
2211
でフォローする

10月初め、米連邦捜査局(FBI)は米国家安全保障極(NSA)の契約社員、ハロルド・トーマス・マーティン容疑者を逮捕していたことが明らかになった。容疑者は、海外で潜伏して職務にあたる米国特務機関の職員などの機密情報を20年間にわたってわずかな量ずつ、密かに収集していた疑いがもたれている。

米国マスコミの調べでは、盗まれた資料の中には米国の違法スパイの名前も含まれていた。マーティン容疑者の弁護士らの説明では、同容疑者は情報の蓄積と研究への熱意にかられ、特務機関の職員としてのキャリアアップを図るために文書を自宅に持ち帰っていた。米国政権の調べでは、マーティン容疑者の盗んだ資料は米国の軍事作戦の機密資料もふくめ、およそ5億枚にのぼる。

マーティン容疑者はスノーデン氏も協力関係にあったコンサルティング企業「ブーズ・アレン・ハミルトン」社からの出向だった。マーティン容疑者は、ロシア、中国、イラン、朝鮮民主主義人民共和国の政府のネットに侵入するために開発されたシークレットコードも解明し、盗んだ疑いがもたれている。

関連:

スノーデン氏 日本での暮らしや日本人に対する監視について語る
米大統領候補 スノーデン氏に恩赦を認める可能性
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント