09:15 2018年07月19日
ヒラリー・クリントン氏

マスコミ:クリントン氏はオバマ大統領の圧力の下、選挙での敗北を認めた

© Sputnik /
米国
短縮 URL
米大統領選挙 (68)
2118

米大統領選に関するまだ発売されていない書籍に、ヒラリー・クリントン氏が現職のオバマ米大統領からの圧力を受けて自身の敗北を認めたという情報が記されている。

米議会の活動を報じる専門紙「ザ・ヒル」が、新たな書籍の概要を掲載した。

著者によると、民主党の選挙本部は最後の瞬間まで投票結果がクリントン氏に有利な方向に変わることに期待していたが、ペンシルベニア州から入った情報が、ホワイトハウスにとってターニングポイントになった。その後オバマ大統領はヒラリー・クリントン氏に電話し、敗北を認めるよう呼びかけたという。

トピック
米大統領選挙 (68)

関連:

クリントン氏、選挙での敗北は誰のせいか名指す
フィナンシャル・タイムズ:クリントン一族の支配から脱し米民主党員は喜んでいる
タグ
ヒラリー・クリントン, バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント