16:04 2018年10月21日

SNS 就任式のメラニア夫人とイヴァンカさんのドレスに感嘆【写真】

© AFP 2018 / Saul Loeb © AFP 2018 / Jim Watson © AFP 2018 / Brendan Smialowski
1 / 3
米国
短縮 URL
1130

SNSユーザーたちは、ドナルド・トランプ氏の大統領就任式で、ファーストレディーとなったメラニア夫人とトランプ氏の娘イヴァンカさんが着用したドレスを評価した。

メラニア夫人は大統領就任式に、米国のデザイナー、ラルフローレン氏のブルーのペンシルドレスとジャケット姿で現れた。舞踏会には、「キャロリーナ ヘレラ」でクリエーティブディレクターを務めたフランスのデザイナー、エルヴェ・ピエール氏のホワイトのイブニングドレスに着替えて登場した。

トランプ氏の娘イヴァンカさんが舞踏会のために選んだのは、ゴールドの飾りが施された裾の広がったアイボリーのドレス。ジャーナリストたちは、このドレスを「お姫様ドレス」と呼んだ。
SNSの大勢のユーザーたちが、メラニア夫人とイヴァンカさんの装いに感嘆し、メラニア夫人は米史上最も美しく、最もセンスの良いファーストレディーだと語った。

​多くのユーザーが、ワシントンでの就任式などでメラニア夫人が着用するドレスをめぐり、先に着用を拒否したデザイナーたちを笑いものにした。あるユーザーは「メラニア夫人が着用することを拒否した親愛なる愚か者の皆さん、皆さんはそれを1460日間後悔するでしょう。彼女は素晴らしい」と書き込んだ。

​一方で複数の人々は、メラニア夫人がジョン・F・ケネディー大統領のジャクリーン夫人のスタイルをまねしたと考えている。

​また複数の人たちは、前ファーストレディーのミシェル夫人についても指摘した。

acitrepは「私は今日のミシェル夫人のドレスはあまり気に入らなかったが、それでも『ちぎれたトイレットペーパー』からできたような2008年のミシェル夫人のドレスよりは少しましだった」との見方を示した。

関連:

トランプ米新大統領 祝賀午餐会でクリントン氏を称える【動画】
タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント