02:04 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    ダウ指数

    ダウは2万ドル突破で歴代最高、新大統領令署名と明るい経済データが後押し

    Photo : EPA
    米国
    短縮 URL
    0 61

    25日の米株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は初めて2万ドルの大台に乗せた。企業決算が好感されたほか、トランプ政権下での経済成長加速や歳出拡大への期待が広がった。

    ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は前日比0.9%高の2298.72と過去最高値。ダウ工業株30種平均は155.80ドル(0.8%)上昇して20068.51ドルと、終値ベースで初の2万ドル超えとなった。

    プルデンシャル・ファイナンシャルの市場ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「大統領令署名への迅速な動きのほか、明るい経済データを受けて、状況が明確さを増してきた。米国の全指数が前向きに反応している」とし、「明確さは市場に必要な酸素だ」と続けた。ブルームバーグが報じた。

    関連:

    NY外為:ドル下落116円台、対ロシア追加制裁の影響も
    日経平均大幅下落、トランプ大統領への投資家の懸念は根拠があるか?
    タグ
    経済, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント