03:20 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    大統領職は思っていたより大変 トランプ氏の取り巻きがマスコミに語る

    大統領職は思っていたより大変 トランプ氏の取り巻きがマスコミに語る

    © Sputnik/ Alexey Filippov
    米国
    短縮 URL
    1424143

    トランプ米大統領は大統領の座について思いがけない困難に直面した。米報道機関「ポリティコ(Politico)」がトランプ氏の補佐役、同盟者らの発言を引用して報じた。

    トランプ氏の補佐役、同盟者ら20人の話によれば、同氏は「予想してはいたものの行政の現実に突き当たり」気分が「驚きと怒り」の間を右往左往しているという。

    ある消息筋らは「家族経営のマネージメントから国のマネージメントに移るのは彼にとってきついことだった」と語っている。トランプ氏は「政治、サジェスチョン、人事について初歩的なことをたずねることもよくあり、ディスカッションがディテールに及ぶと素早くテーマを変えることもある」という。

    ポリティコの他の消息筋で匿名を特に希望しなかった保守系組織「ニュースマックス・メディア」の創始者のクリストファー・ラディー氏は「連邦政府のマネージメントは彼にとっては今までになかったものだ」と述べる一方で、だからといってトランプ氏を「低く評価するには及ばない」と指摘している。

    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント