23:29 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
    トランプ大統領

    トランプ大統領が国務省の予算カット その理由は?

    © AP Photo/ Andrew Harnik
    米国
    短縮 URL
    2761101

    米政府は国務省の予算を削減する方向だ。今月16日に公開された連邦予算方針は、国務省の予算4分の1の削減を提案した。

    スプートニク日本

    その代わりに米国は陸軍と海軍に予算を投入する。ミック・マルバニー行政管理予算局長によると、これはトランプ大統領が追求している一貫した政策、つまり、「ソフト・パワー」から「ハード」への変更だ。

    2018年度予算の初めての試案をトランプ政権が公開したのは2月末。民主党からの批判の波だけでなく、共和党内部からの反対も引き起こした。トランプ大統領の提案によると、米国は、国防費を増やせるように予算を再配分することを要求されている。トランプ大統領は環境プログラムや人文科学研究、低所得者向けの援助の予算を削減する用意があると判明。さらに、民主主義促進費などを含む、300億ドルの対外援助予算の4分の1が削減されるということだ。

    最も予測不可能な大統領候補と言われたドナルド・トランプ氏は、2016年11月の米大統領選で勝利した。

    選挙結果は、選挙前の世論調査の数値と一致せず、ヒラリー・クリントン氏が数パーセント上回る得票率を獲得して勝利すると考えた専門からの予想に反した。

    トランプ氏の選挙運動中の発言は、大げさで矛盾するものとして歴史に残った。

    一連の政治学者たちが、トランプ政権下で米国は露米関係の確立を促進する措置を講じるだろうとの見方を示した。

    またトランプ大統領は、国内問題に焦点を当てるこはないと一度ならず述べたが、2017年4月、米国は、シリアのイドリブで化学兵器を使用した攻撃があったのを受け、シリア南部にある軍の基地を攻撃した。

    ロシアのプーチン大統領は、シリアの施設に対する米国の攻撃を侵略と呼んだ。ロシア大統領報道官は、シリアの空軍基地に対する米国の攻撃は、両国関係に損害を与えたと指摘した。

    現在、トランプ大統領に対する米国内および世界の評価はさまざまだ。専門家らは、米国では社会がトランプ氏を支持する人々と反対する人々の2つの陣営に分かれたため、内戦勃発の危機が高まりつつあるとの見方を何度も示した。

    またトランプ氏は、偏見にとらわれているとして米大手メディアのことも批判した。

    2017年5月17日、米テキサス州選出の民主党議員アル・グリーン米下院議員は、トラン大統領弾劾を呼びかけた。

    グリーン議員はその理由について、トランプ大統領は「司法を妨げている」と説明した。議員は「(トランプ氏は)大統領選挙に介入したロシアとトランプ氏との繋がりをめぐり大統領に関する調査を行っていた米連邦捜査局(FBI)長官(ジェームズ・コミー氏)を解任した」と述べた。

    この前、トランプ米大統領が21日、サウジアラビアの首都リヤドでアフガニスタンのガニ大統領と会談したと明らかになった。

    タグ
    経済, 軍事, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント