13:09 2021年01月17日
米国
短縮 URL
0 50
でフォローする

トランプ米大統領は31日、米国を訪問したベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談後の記者会見で気候に関する「パリ決定」について「(決断は)もうすぐだ。両方の立場から多くの人たちの話を聞いている」と述べた。共同通信が報じた。

スプートニク日本

スパイサー大統領報道官も同日、記者団に「(トランプ氏が)決断を下したかどうか知らない。近く表明するだろう」とだけ述べた。

離脱決定を批判する宇宙ベンチャーのスペースX最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏はツイッターで「協定にとどまるよう、本人にも周りの人にもできるだけの助言はした」と無念さをにじませた。

先の報道によると、トランプ米大統領は、気候に関する「パリ協定」から脱退することを決めた。協定からの脱退に関する詳細は、米環境保護庁のプルイット長官を含む政府関係者の小グループによって作成されているという。

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント