01:42 2018年09月22日
NSAの機密情報漏えいで雇われ労働者が訴えられる【写真】

NSAの機密情報漏えいで雇われ労働者が訴えられる【写真】

© AFP 2018 / Paul J. Richards
米国
短縮 URL
0 26

米司法省は、機密情報へのアクセス権を持つ雇われ労働者を、情報漏えいで訴えた。6日、CNNが報じた。

スプートニク日本

訴えによると、ジョージア州にあるPluribus International Corporation社の職員リアリティ・リー・ウィンナー容疑者(25)が、機密資料を国家機関の敷地外へ持ち出し、情報センター経由で送ったという。

ウィンナー容疑者は6月3日、自宅で米連邦捜査局(FBI)に逮捕された。

容疑者は、機密情報を自身の職場から持ち出し、保管、ニュースポータルに渡した事実を認めた。

CNNの消息筋によると、これはロシアのハッカーによる米大統領選挙用のソフトウェア・ベンダーへの攻撃について述べられている米国家安全保障局(NSA)の機密報告書の一部である可能性がある。
5日夜、テキストの断片が ニュースサイト「インターセプト」によって公開された。

Pluribus International Corporationの内部調査の結果、ウィンナー容疑者は、報告書を印刷した職員6人のうちの1人であることがわかった。また同容疑者は、電子メールを使用した唯一の人物だった。

ウィンナー容疑者には、10年以内の自由剥奪の刑が言い渡される可能性があるという。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント