00:35 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    Googleの男女差別待遇 女性社員ら60人以上が集団訴訟へ

    Googleの男女差別待遇 女性社員ら60人以上が集団訴訟へ

    © AP Photo/ Marcio Jose Sanchez
    米国
    短縮 URL
    237533

    Googleの女性社員および女性の元社員ら60人以上が会社の性差別および男女差別による不平等な給与を訴える集団訴訟を検討している。

    スプートニク日本

    ガーディアン紙が集団訴訟を準備している弁護士のジェイムス・フィンバーグ氏の発言を引用して報じた。

    フィンバーグ氏は「彼女たちは、女性たちが自分より学歴の低く、経験の浅い男性よりも給与の安いポストに回されることを憂慮している」と語っている。

    フィンバーグ弁護士によれば、女性らは、より低いポストの男性が女性の上司より高い給与を支給されている例さえあると苦情を述べている。一人の女性の例では同様のポストの男性に比べて年間の給与が4万ドルも低かった。さらに別の女性はこうした男女差別が原因で12人の女性がGoogleを辞めていると語っている。

    タグ
    Google, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント