13:34 2018年12月19日
トランプ氏

トランプ大統領 コンピューターゲームにしか出てこない戦闘機をノルウェーに「売っちゃった」

© REUTERS / Jonathan Ernst
米国
短縮 URL
0 52

トランプ米大統領はノルウェーのエルナ・ソルベルグ首相との合同記者会見で、誤って、コンピューターゲーム上にしか存在しない架空の航空機を米国がノルウェーに売却したと発言してしまった。スプートニク・インターナショナルが報じた。

スプートニク日本

トランプ大統領は「11月、我々はF-52、F-35戦闘機の供給を開始した」と述べ、受注額は100億ドルと強調した。ところがこのF-52戦闘機は実在しておらず、コンピューターゲーム「コール・オブ・ドューティー:アドヴァンスド・ワーフェア」の中にしか出てこない。

トランプ大統領はおそらく米国はノルウェーにF-35を52機供給せねばならないというテキストを読み間違えたものと推測されている。

トランプ大統領の言い間違えにはSNSユーザーらが即座に反応し、「新型機」はどんな外観なのか、ジョークで憶測を飛ばし始めた。

「F-52が実在するってのはなかなかイケルなぁ」 と書き込んだのは@APHClarksonさん。同氏はジョークで映画『スターウォーズ』の一場面を大統領の発言テキストに張り込んでいる。

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント