19:09 2021年10月18日
米国
短縮 URL
0 21
でフォローする

トランプ米大統領とその周辺による選挙戦と活動について、ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した暴露本「炎と怒り(Fire and Fury: Inside the Trump White House)」が、新たなテレビドラマシリーズの原作となる。

スプートニク日本

米誌「ハリウッド・リポーター」が伝えている。

映像化の権利を購入したのは「エンデバー・コンテント」社。ウォルフ氏は同シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーとなる予定。

関連ニュース

トランプは自分が天才だと信じたのか?

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント