14:39 2018年11月17日
米の最新型空母 極容易な課題も遂行不可能

米の最新型空母 極容易な課題も遂行不可能

© AP Photo / Steve Helber
米国
短縮 URL
0 167

米国の専門家らは米国防総省に対し、ジェラルド・R・フォード級空母艦の攻撃実験を延期するよう要請した。米退役軍人用ニュース分析ポータル「タスク・アンド・ポーポス(任務と目的)」が明らかにした。

スプートニク日本

「タスク・アンド・ポーポス」によれば、米国国防長官顧問軍備テスト、予測課の出したレポートには新開発の電磁カタパルト、アレスティング・ワイヤー 、兵器やレーダーのリフト の高い信頼性が指摘されている。

こうしたシステムはハイテクではないものの、これらの作業の信頼性が低い場合、船の基礎的機能を遂行する能力は危険にさらされる。こうしたシナリオをたどった場合、反テロ作戦の参加など、戦闘課題をこなす際に船は役に立たない。

最新型空母CVN-78ジェラルド・R・フォードは総工費129億ドル。空母は2009年に造船が開始され、2017年に艦隊に配属された。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント