05:30 2018年05月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 15°C
    米国(アーカイブ)

    米世論調査 トランプ大統領は会談のために金正恩氏に譲歩を求めるべきではない

    © AFP 2018 / Bryan R. Smith
    米国
    短縮 URL
    215

    米国人の41%が、トランプ米大統領は北朝鮮側からいかなる前提的な譲歩も求めずに北朝鮮の金正恩氏と会談するべきだと考えている。14日に発表されたポリティコ紙と調査会社モーニング・コンサルトが実施した合同世論調査の結果、明かとなった。

    スプートニク日本

    世論調査では回答者の36%が、核兵器開発に関連する活動の停止を金正恩氏が約束する場合にのみ会談を行うべきだと指摘した。なお回答者の24%は、これに関する意見を持っていなかった。

    同時に回答者の47%が、交渉で米国が核開発の停止について北朝鮮を説得できるということに確信はないと答え、39%の回答者は確信があると答えた。

    また北朝鮮に核兵器開発を放棄させるために米国はどのような措置を講じるべきかとの問いには、回答者の75%が外交手段、63%が追加制裁、61%が北朝鮮と取引をしている国々に対する制裁が必要、32%が空爆には反対しない、23%が北朝鮮への地上部隊派遣を支持すると答えた。

    世論調査は3月8日から12日に実施され、約2000人が回答した。誤差は2%未満。

    関連ニュース

    タグ
    調査, 世論調査, ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント