11:53 2018年10月21日
アメリカ合衆国議会議事堂

女性イスラム教徒議員、米で初めて誕生する可能性

© Fotolia / Gary
米国
短縮 URL
0 80

パレスチナ系米国人のラシダ・トレイブ氏が米民主党の予備選で勝利し、同国初の女性イスラム教徒議員になる可能性がある。ハフィントン・ポストが報じた。

スプートニク日本

同サイトによると、トレイブ氏は国民皆保険や最低時給15ドル(約1660円)、米移民税関捜査局(ICE)の廃止などを掲げる。

トレイブ氏は米議会で初のイスラム教徒になる可能性があるが、唯一ではないかもしれない。2018年11月に開かれる中間選挙には他の女性イスラム教徒も他州から参加している。だが、トレイブ氏はいずれにせよ当選すれば、初のパレスチナ系アメリカ人の女性議員となる。

関連ニュース

ロシア人女性、サウジで運転免許を持つ最初の女性の1人に

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント