17:48 2018年12月12日
米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官

NASA長官、米宇宙軍創設の必要性を説明する

© AFP 2018 / Nicholas Kamm
米国
短縮 URL
0 06

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、Washington Examiner紙のインタビューで、GPSナビゲーションシステムを攻撃から守ったり、緊急事態の際に米国の銀行部門やエネルギーシステムが円滑に機能することを保障するために、米国には宇宙軍がきわめて必要であるとの考えを表した。

スプートニク日本

長官によると、人工衛星の故障は「実存的な脅威」であるため、米宇宙軍はかつてないほど必要だという。

ブライデンスタイン長官は「各銀行取引にはGPSの同期信号が必要だ。別の言い方をすれば、GPSがなくなれば、米国の銀行システムもなくなるということだ。すべてが機能を停止する」と語った。
長官によると、エネルギーフローも衛星測位システムの同期信号によって調整されているため、エネルギー供給でも同様の状況が起こる。

長官は、通信、ナビゲーション、食料やエネルギー生産、安全保障や防衛分野も、衛星測位システムに依存していると指摘した。ブライデンスタイン長官によると、米国のライバルは、米国の宇宙へのアクセスを奪うためにポテンシャルを高めている。

長官は「もし彼らがそれをしたならば、彼らはこの国をひざまづかせることができる」と語った。

なお長官は、NASAは米宇宙軍の創設を全面的に支持しているが、その形成には参加しないと指摘した。

先にトランプ米大統領は、宇宙軍創設の課題を掲げ、宇宙で優位に立つことを呼びかけた。

タグ
宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント