06:29 2019年01月17日
トランプ大統領、7歳の少女にサンタクロースを信じるのをやめるよう説得できず

トランプ大統領、7歳の少女にサンタクロースを信じるのをやめるよう説得できず【動画】

© AP Photo / Andrew Harnik
米国
短縮 URL
0 61

トランプ米大統領は、7歳のコールマン・ロイドちゃんにもうサンタクロースを待つのをやめるべきだとほのめかしたが、ロイドちゃんはそれでもサンタクロースの存在を信じている。ポスト・アンド・クーリエが報じた。

スプートニク日本

トランプ大統領とメラニア夫人は、サンタクロースの追跡を行う恒例のクリスマスイブのイベントで、子どもたちからの電話を受けた

トランプ大統領はコールマンちゃんに、サンタクロースの存在を信じているのかと質問し、さらに「7歳だともうぎりぎり(marginal)だね。そうだろう?」と問いかけた。

記者たちは当初、トランプ大統領は男の子と話をしていると思ったが、その後、コールマンちゃんの両親が、大統領と電話で話をしている娘の動画をユーチューブに公開し、女の子であったことがわかった。
コールマンちゃんはトランプ大統領の問いかけに、「Yes, Sir」と答えた。

なおコールマンちゃんの両親によると、コールマンちゃんは「ぎりぎり(marginal)」の意味がわからなかったため、ただ「はい」と答えたという。

コールマンちゃんは、トランプ大統領と電話で話した後もサンタクロースの存在を信じていたため、サンタクロースのために食べ物を置いた。クリスマスの朝、この食べ物はなくなり、クリスマスツリーの下にはコールマンちゃんの名前が書かれた包みが置かれており、中にはアメリカンガール人形が入っていたという。

 

タグ
トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント