06:23 2019年03月22日
トランプ氏(アーカイブ写真)

トランプ氏、死期近い支持者の念願を叶える【写真】

© REUTERS / Jonathan Ernst
米国
短縮 URL
192

トランプ米大統領を支持する嚢胞性線維症を患う男性が、電話でトランプ氏と電話する機会を得た。英誌タイムが報じた。

スプートニク日本

米コネチカット州ウェストヘイブンに住むジェイ・バレットさんの願いを叶える助けになったのは妹のブリジット・ホスキーさん。ホスキーさん自身は同市議会議員で、「100%の民主党支持者」だという。ホスキーさんは兄の念願をSNSに投稿。友人や支持者がホワイトハウスにメールを送った。

これを受けて5日夜、トランプ氏は自らバレットさんに電話した。

「大統領閣下、良い時も悪い時も私はあなたを支持しています」とバレットさんは伝えた。

トランプ氏はバレットさんをチャンピオンと呼び、誇りに思うと述べた。

「君を気に入っている、ジェイ。とても誇りに思う。また電話するよ、良いかな?君はこの戦いを続けて。私たちはふたり、戦っているんだ。」

バレットさんはまた、トランプ氏の息子であるエリック・トランプ氏や米住宅都市開発省のリン・パットン地域長官から電話があったと明らかにした。パットン氏は9日にバレットさんのもとを訪れ、トランプ氏からのプレゼントを手渡すと伝えた。

医師が診断するところ、バレットさんの余命は6ヶ月。だがバレットさんは、2020年の大統領選挙で投票したいと期待を寄せた。

関連ニュース

タグ
すごい, 病気, びっくり, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント