00:29 2019年12月15日

米国の「Xデー」は9月に来る アナリストらが債務不履行を警告

© AFP 2019 / Timothy A. Clary
米国
短縮 URL
0 85
でフォローする

ワシントンにある超党派の非営利シンクタンク「ビパーティザン・ポリシーセンター(BPC)」はサイトのプレスリリースを通じ、米国政府が完全に支払い不能の状態に陥る日は9月半ばにも到来するとの予測を発表した。

連邦歳入が減少した場合、デフォルト(債務不履行)に陥るリスクが高くなる。BPCアナリストらはこうした場合、Xデーは9月の最初の2週間に到来する危険性があるとみている。

この原因は税収入の伸びが昨年の予測の6%に比べ、わずか3%というあまりに低い数値にある。

この他、米議会下院は7月26日からバケーションに入るにもかかわらず、債務上限の引き上げ問題は議題にあげられていない。

今年2019年初頭、米国の国家債務史上初めて22兆ドルの大台を上回った。

この他、昨2018年度の米国家予算の赤字は17%増の7億7900万ドルに達しており、来2020年には1兆ドルを突破するものと予想されている。

タグ
米国, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント