05:29 2020年08月05日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米国のドラルド・トランプ大統領は、自身への調査実施に関係した面々への訴訟を否定しなかった。

トランプ大統領はツイッターでの一連のメッセージで、ロバート・モラー特別検察官が調査を行なった「ロシア疑惑」と呼ばれる告発は違法であり、「偽のファイル」にもとづくものだったと再度表明した。

トランプ大統領は、「これらすべての手続きは総合的な詐欺行為だった。もし私が大統領でなかったら、私はどこでも各問題で裁判を闘っていただろう。しかし、おそらく、私はまだそれを行なう」とコメントした。

米国のロバート・モラー特別検察官は、ロシアとトランプ大統領およびその陣営との疑惑の関係の調査を行なった。この疑惑はホワイトハウスでもクレムリンでの否定されている。モラー特別検察官は2019年3月に調査を終了し、トランプ大統領とロシアの「共謀」を裏ける証拠を見つけることはできなかった。

​関連記事

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント