18:49 2020年08月10日
米国
短縮 URL
0 31
でフォローする

米フロリダ州ココアビーチ市の警察官が、ボディボードで泳いでいた男の子をサメの襲撃から救った。米ニューヨーク・ポストが報じた。

警察官のエイドリアン・コシッキさんは非番の16日、奥さんと桟橋の前を歩いていたとき、海岸近くでボディーボードで泳いでいた小さな男の子にサメが近づいていることに気がついた。

目撃者が撮影した救出映像では、コシッキさんが急いで海に入り、男の子を岸に引き揚げている様子が確認できる。この時サメと男の子との距離はほとんどなく、1メートルも離れていなかった。この男の子の救出劇について地元警察がFacebookで報告している。

サメ
© Depositphotos / Kvkirillov
男の子に近づいたサメの種類は不明。地元警察は、「私たちはもちろん、サメの種類を判定できる教育を受けた海洋生物学者ではありません。私たちはただ、人々を守るために最善を尽くしているだけです。エイドリアンが男の子を救出したおかげで、私たちはサメの企みがなんであったかを知ることはありませんでした。そして今、男の子はこの間一髪の救出劇を誰かに伝えることができるでしょう。エイドリアン、よくやった!」

米フロリダ州でのサメの攻撃は、水温が上昇し、人々が海に入る7〜10月に最も発生する。ココアビーチのあるブレバード郡の海岸では、同州ボルーシャ郡に次いで世界で2番目に多くサメが襲来するという。

タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント