09:05 2021年01月28日
米国
短縮 URL
0 28
でフォローする

米大統領選挙の命運を握るペンシルベニア州のトム・ウルフ知事は、同州の選挙結果が公式的に確定され、バイデン候補が勝利したことを明らかにした。

ウルフ州知事はツィッターを通じて、選挙結果を明らかにしている。

「本日、ペンシルベニア州務長官は11月3日の大統領および副大統領選挙の結果を認定した。連邦法の規定に従い、私は(同州の)選挙人がジョー・バイデン氏、カマラ・ハリス両氏を選出したことを認める認定証に署名した。」

これをもってバイデン氏はペンシルベニア州の20人の選挙人を獲得し、同州での選挙はおよそ8万票の票差で勝利した。

バイデン氏は前提的なデータでは米大統領に選出されている。現職のトランプ氏は敗北を認めていないものの、政権移行のプロセス開始は許可した。

関連ニュース

タグ
大統領選挙, 選挙, ジョー・バイデン, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント