20:47 2021年09月20日
米国
短縮 URL
0 31
でフォローする

米国のABCテレビとワシントン・ポストが世論調査を実施し、バイデン大統領の支持率が今年1月の就任以来、最低となった。また、アフガニスタンからの軍撤退の進め方を支持しないとする回答が60%にのぼった。NHKが報じた。

調査はアフガニスタンからの米軍撤退が終了した7月末を前後した4日間で実施された。

調査結果によれば、バイデン大統領の支持率は44%で、今年1月の就任以来、最低となった。支持しないと答えた人は51%だった。

アフガニスタンからの軍の撤退そのものについては77%が支持を表明。その一方でバイデン大統領による撤退の進め方については60%の人が支持しないと回答した。また、先月26日に首都カブールの空港近くで自爆テロが発生し、米兵13人を含む多数の死傷者が出た問題に関して、53%の人が撤退の進め方が悪かったためと答えた。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国, 大統領, アフガニスタン, 世論調査
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント