05:48 2018年08月18日

2016年、漁師たちがワモンアザラシの子供を救出した。このアザラシは自分で餌をとることができず、母親の姿も近くには見えなかった。そこで漁師たちはこのアザラシを「クロシク」と名づけ、サンクトペテルブルクにある野生復帰専門のセンターに引き渡した。

クロシクが住んでいる野生復帰センターのビャチェスラフ・アレクセエフ所長は、人間から離れることをクロシクが長い間拒み続けていると語る。数回にわたってラドガ湖に放したものの、いつもある程度時間がたつとクロシクは結局帰ってきた。どうやら、クロシクは人間と遊ぶのが気に入ったらしい。

タグ
かわいい, 動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る