23:52 2018年12月11日

モスクワにあるウクライナ大使館付近で、治安当局が違法に拘束し家宅捜索したリアノーヴォスチとリアノーヴォスチ・ウクライナの記者を支持するキャンペーンが行われた。

スプートニク日本

キャンペーンには国際通信社「ロシア・セヴォードニャ」とRTテレビのマルガリータ・シモニヤン編集長とドミトリー・キセリョフ社長が参加。シモニヤン氏が述べたところ、ウクライナでは、政府の方針に反対を表明している人全てがリスクゾーンにいる。また、選挙に近いほど状況は悪化するとシモニヤン氏は述べた。

キセリョフ氏は一方、キリル・ヴィシンスキー氏の逮捕を異端審問にたとえた。キセリョフ氏は、ヴィシンスキー記者を支持するキャンペーンは続けられ、定期的に開かれる可能性があると指摘した。

ヴィシンスキー氏交換の可能性についてキセリョフ氏は、ヴィシンスキー氏解放のためには今、「全手段が良い」と強調した。

トピック
サイト「リア・ノーヴォスチ・ウクライナ」の責任者、拘束 (12)
タグ
動画, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る