13:42 2018年08月18日

今から100年前の1918年7月17日未明、エカテリンブルクでロシアの皇帝ニコライ2世とその妻、そして4人の娘オリガ、タチアナ、マリヤ、アナスタシアと皇太子アレクセイが銃殺された。皇帝一家と一緒に侍医のエヴゲーニー・ボトキン、近侍アレクセイ・トルップ、女中アンナ・デミドワ、料理人イワン・ハリトノフも銃殺された。

彼らの埋葬地は60年以上にわたって謎のままだった。だが1979年に歴史愛好家らが皇帝一家の数人の遺骨を発見し、1991年にDNA鑑定の結果、遺骨は皇帝一家の一員のものであることが確認された。アレクセイとマリヤの遺骨は2007年に発見され、これらの遺骨もDNA鑑定によって確認された。だがロシア正教会は、DNA鑑定の結果に疑問を呈した。

タグ
歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る