04:45 2021年03月09日
© Ruptly

大阪の心斎橋にある『ねこ浴場&ねこ旅籠』では、訪問客に「素敵な眺め」を提供している。各ベッドスペースの窓から見えるのは、あのふさふさの、四足で歩く隣人―ここで働く猫たちだ!

ここに暮らすのは、様々な経緯で集まってきたいわゆる保護猫たち。保護猫の存在をもっとたくさんの人に知ってもらい、また猫たちの新しい家探しをするのが目的だと責任者の西窪直美さんは語る。

しかし、すぐに猫を引き取れるわけではない。猫を迎え入れるにあたって厳しい審査が行われ、希望者はそれ相応の覚悟があるのかどうかを問われる。

宿泊(旅籠)価格は8,500円から11,500円。カフェ(浴場)は平日は10分200円、土日祝日は250円から利用可能だ。

タグ
日本, ネコ, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 今週のニュース 2月27日―3月5日
    アップデート: 2021年03月05日 22:46
    2021年03月05日 22:46

    今週のニュース 2月27日―3月5日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • 今週のニュース 2月13日―2月19日
    アップデート: 2021年02月19日 23:29
    2021年02月19日 23:29

    今週のニュース 2月13日―2月19日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • 今週のニュース 2月6日―2月12日
    アップデート: 2021年02月12日 22:56
    2021年02月12日 22:56

    今週のニュース 2月6日―2月12日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • 仙台うみの杜水族館 節分でアナゴが「恵方巻」に
    アップデート: 2021年02月05日 18:31
    2021年02月05日 18:31

    仙台うみの杜水族館 節分でアナゴが「恵方巻」に

    日本では2月2日、「節分」を迎えた。邪気払いとして豆まきをしたり、春の訪れを祝い恵方巻を頬張った人も多いのではないだろうか。しかし、この行事を楽しんだのは人間だけではない。宮城県にある「仙台うみの杜水族館」では、飼育されているアナゴが特大サイズの恵方巻の模型からひょっこりと顔を出し、来館者らを楽しませた。