23:44 2021年04月15日
ビデオクラブ

日本 富山湾に巨大イカ出現 ビデオに撮られる

ビデオクラブ
短縮 URL
3151
でフォローする

富山県の富山湾で、深海からめったに姿を現さない巨大なイカ(ダイオウイカ)を水中カメラでビデオ撮影することに成功した。このイカは、ダイオウイカとしては小ぶりで、幼体だった模様だが、それでも体長は3,5メートルもあった。富山湾に迷い込んだところを、ダイバーが至近距離で、撮影した。Popular Scienceが伝えた。

ダイオウイカ(Architeuthis dux)は、世界の海洋の深海に生息し、成長すると体長が16メートルにも達する。魚や小さなイカなどを常食とし、彼らを脅かすのはマッコウクジラぐらいだ。これまで何百年もの間、ダイオウイカの死体が、岸辺に流れ着いたり、漁師の網にかかったりしたことはあったが、生きているこの巨大イカをカメラに収めることは長らくできなかった。初めて撮影に成功したのは、やっと2004年のことだった。さらに2012年には、特別の罠を仕掛け、それを使って学者達が、ビデオで撮影している。

しかし今回、富山では、これまで見られなかったほどの至近距離で、ダイオウイカをビデオ撮影することができ、大きな話題となっている。まして人間が、この巨大イカの直ぐ近くを泳ぎながら撮影したのだからなおさらだ。そうしたリスクを省みず、ダイオウイカを水中カメラに収めたのは「ダイビングショップ海遊」を経営する木村昭信さんだった。木村さんは、イカに自分の存在を気付かれないよう慎重に近づいたという。

木村さんは、CNNテレビのインタビューに応じた中でー「恐怖よりも好奇心の方が先に立ち、海に飛び込んで接近した。イカの体に傷などはなく元気そうな様子で、墨を噴き出したり、私の体に足を巻き付けようとしたりした。私は、イカが沖に戻れるよう助けた。発見した水域から数百メートル、イカを沖へと導いた。そのうちイカは深海に姿を消した」と語った。

タグ
動物, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • モスクワ動物園のキリン
    アップデート: 2021年04月15日 23:25
    2021年04月15日 23:25

    ついに春がやってきた! モスクワ動物園でキリンが大はしゃぎ

    ロシア・モスクワではここ連日、日中は気温が20度近くまで上がるほど暖かく、すっかり春の陽気となっている。長い冬が終わり、ようやく訪れた春に喜んでいるのは人間だけではない。動物も一緒だ!

  • アップデート: 2021年04月15日 01:24
    2021年04月15日 01:24

    海外の「痛車」が発見される 車をフィギュアでデコレーション

    日本にはアニメやゲームのキャラクターが描かれたりステッカーが貼られたりした、いわゆる「痛車」なるものが存在する。しかし今日、海を越えた場所にその痛車に引けをとらないラッピングカーが発見された。

  • アップデート: 2021年04月12日 23:35
    2021年04月12日 23:35

    小さな訪問客 小鳥が窓の端をスライディング

    窓の外にふいに現れた小さな訪問客。その際、彼は家主に一芸を披露した。これはお近づきのしるしか、あるいは家に上げてくれというサイン?

  • カササギ
    アップデート: 2021年04月09日 01:19
    2021年04月09日 01:19

    謙虚、それとも生意気? ポテトを1本盗むカササギ

    カラスは人間の食べ物を好む習性があるといわれているが、どんな理由にせよ拾い食いや盗み食いは人間的にはあまりいい気はしない。しかしこの鳥は、律儀にも店に入り、床に落ちているフライドポテトを1本だけ頂戴していくのだ。