19:05 2018年09月19日
ビデオクラブ

「みなさん、落第点をとりなさい!」 始業式にロシアの子どもたちに思わぬ祝福

ビデオクラブ
短縮 URL
170

9月1日はロシアでは新学年がスタートする。「知識の日」のこの日、全国の小中学校、高校では児童らに学業の成功を願って、盛大な式典が行われる。そんな中、東シベリアのヤクーツク市のある学校では可笑しな出来事が起きてしまった。

スプートニク日本

この学校では今年、生徒たちに勉強で良い成績をおさめてほしいとの願いを込めて、ロシアの5段階評価の成績表でもっとも高い、数字の「5」の形をした風船を飛ばすことになった。ところが、どうやら「5」の風船はしっかりと固定されていなかったらしく、勢いよく空に舞い上がるやいなやひっくり返り、数字の「2」となってしまった。

ロシアの5段階評価の成績表では、「2」は悪い評価を示すもので、宿題がちゃんとできていなかったり、悪い振る舞いをしたときに与えられる。「落第」の同義語にもなるくらい、評価としては極めて悪い。ちなみに「1」はありえない。

この一件で、学校側は子どもたちに良い成績を願う代わりに、今年は勉強しなくてもよく、成績を心配しなくていいよ、と「許して上げる」ことになってしまった。

タグ
びっくり, 笑う, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る