04:00 2018年09月24日
ドイツのシュタインマイエル外相

独外相「シリアに関する交渉では、この5年間で初めてかなりの進展が見られた」

© AP Photo / Britta Pedersen
国際
短縮 URL
170

ドイツのシュタインマイヤー外相は「ロ米によるシリア問題に関する交渉では、この5年間で初めて本質的な進展が達せられた」と指摘した。リア《ノーヴォスチ》通信が伝えた。

シュタインマイヤー外相は「シリア国内の紛争調整は、政治的解決法によってのみ達成できる」と強調し、次のように確認した-

「米国とロシアの間では進展があったが、トルコ、イラン、サウジアラビアはそうではない。これでは、成功を保証するには遠く及ばないが、ここ5年間で我々が達成できたものを超える成果だ。我々は、そうした事に取り組まなければならない。我々は、今後さらに5年、戦争や難民、破壊をシリア国内で許すことはできない。」

関連:

ライブ:シリアにおけるゲルギエフ指揮のコンサート「パルミラに祈りを」
シリア停戦、破ろうとする画策者は多し、ラヴロフ露外相
シリア停戦後2ヶ月で反体制派の部隊50以上が合流、露国防省
タグ
シリア, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント