16:03 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C

    ホロコーストの象徴のアウシュビッツ跡地の訪問者数、2016年に過去最多

    © AP Photo/ Matthias Schrader
    国際
    短縮 URL
    445

    2日、第2次大戦中のナチス・ドイツに行ったホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の中心となったアウシュビッツ強制収容所跡の博物館は2016年の訪問者数が前年より多く約205万人となり、過去最多だったと主張した。

    アウシュビッツ強制収容所跡はポーランド南部にあり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。昨年7月にポーランド南部のクラクフでカトリックの若者の行事「世界青年の日」が開催され、参加した多くの若者が収容所跡を訪問することは博物館の訪問者数が増加した理由として挙げた。

    博物館代表者は各地で紛争が続き、ポピュリスト的主張が勢いを得る中で、「過去の最も暗い警告に改めて耳を傾けることが必要だ」と訴えた。時事通信が報じた。

    関連:

    ユネスコに登録された八戸大祭、日程変更 【動画】
    タグ
    ポーランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント