12:14 2020年02月18日
国際
短縮 URL
227
でフォローする

米国の軍艦がホルムズ海峡でイランの小型舟艇に向かって数発の警告射撃を行った。ロイター通信が、米国防総省代表者らの話を引用して伝えた。

事件が起こったのは8日、イスラム革命防衛隊(IRGC )の小型舟艇4隻が、米国の船舶に高速で近づき始めた時だった。

なお、米海軍のヘリコプターが投下したスモーク・ブイや無線信号にイランの小型舟艇が反応しなかったため、警告射撃が行われたという。

先に米国は、イランの小型舟艇がペルシャ湾で米国の船舶にあまりにも接近しすぎるとして繰り返し訴えた。

先に米国防総省はイランを米国にとって主要な脅威の一つだと発表した。

関連:

日米同盟は不動であり続けるー日首相補佐官と米次期補佐官が一致
独フォークス誌:米戦車のドイツでの展開に独政治家は憤慨
タグ
事件, アメリカ軍, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント