20:01 2019年04月23日
インド、ロシアに第5世代戦闘機の技術提供を求める

インド、ロシアに第5世代戦闘機の技術提供を求める

© AFP 2019 / Dmitriy Kostyukov
国際
短縮 URL
142

インドは、最新の第5世代戦闘機(FGFA)に関するロシアとの共同作業に同意したが、ロシアがインドに専門家の技術をすべて提供した場合にのみ作業を続けるとの条件を提示した。ザ・タイムズ・オブ・インディアが、インド国防省筋の情報を引用して報じた。

消息筋は、インド指導部が前回の戦闘機Su-30MKI製造契約での過ちを繰り返すのを恐れていると主張している。同契約では技術供与は規定されていなかった。

消息筋によると、このようなシナリオを回避することが「ハイレベル」で決定され、インドは2つの重要な条件を提示した。一つは、将来的にインドが独自に戦闘機の近代化するのに十分な規模で技術が提供されること。2つ目は、技術提供がインドの中型第5世代戦闘機(AMCA)の独自プロジェクト開発に役立つこと。

先に伝えられたところによると、ロシアとアラブ首長国連邦(UAE)は軍事技術協力関係発展に関する合意書に調印した。例を挙げると双方はその枠組で、第5世代新型戦闘機開発に取り組むことになる。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, インド, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント