15:12 2017年10月23日
東京+ 22°C
モスクワ0°C
    ベビーパウダーで発がん ジョンソンエンドジョンソン社に史上最高の4億1700万ドルの賠償金判決

    ベビーパウダーで発がん ジョンソンエンドジョンソン社に史上最高の4億1700万ドルの賠償金判決

    © AP Photo/ John Raoux
    国際
    短縮 URL
    23056101

    ロサンジェルス地方裁判所はジョンソンエンドジョンソン社に対し、同社の製品を使用してガンに罹患したと主張する女性に史上最高額の4億1700万ドルの賠償金を支払うよう命じる判決を下した。AP通信が報じた。

    スプートニク日本

    ジョンソンエンドジョンソン社を訴えたのはカリフォルニア在住のエヴァ・エチェヴェリアさん。エチェヴェリアさんは滑石を含有した同社のベビー用タルカムパウダーを1950年から2016年まで続けて使用し、2007年に卵巣がんと診断された後、症状が悪化した。

    エチェヴェリアさんはジョンソンエンドジョンソン社がこうした製品を使用した場合、発がんリスクがあることを然るべき方法で消費者らに警告してこなかったと主張してきた。カリフォルニア裁判所の判決には心理的な被害に対する賠償金として6800万ドルを、さらに3億4千万ドルを罰金として支払うよう命じた。同社のキャロル・グッドリッチ代表は判決を不服として上告する構えを表している。

    先に伝えられたところ、18日、中国の浙江省杭州でインターネット裁判所が開設され、すでに初審理が行われた。BBCが、中国国営メディアの情報として伝えたところによると、IT企業間の著作権侵害と、IT企業がネット上に公開したテキストの著者に関する裁判の審理が行われた。

    タグ
    医療, 健康, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント