12:45 2019年11月17日
パリ

パリで「車なしの日」【写真】

© Sputnik / Irina Kalashnikova
国際
短縮 URL
123
でフォローする

車やバイクを用いず、パリ市民が自転車に乗ったり徒歩で進む「車なしの日」が、1日に催された。

スプートニク日本

パリ市は「2015年度と2016年度『車なしの日』の成功のあと、市はこのイベントを復活させ、車なしゾーンをパリ全域に拡大した」と発表した。

​パリ市民や「パリが好きな人々」は地元時間11時から18時にかけて徒歩や自転車、ローラースケートやキックスクーター、自立安定一輪車で町を行く。

​「車なしのパリ」の共催者は「およそ2500人が毎年、パリで吸う空気のために命を落としている。これは交通事故で亡くなる数の60倍だ」と述べた。

また、気候変動に影響する地球温暖化ガスの全排出量の3分の1が、パリの首都圏の車から排出されていると指摘した。

関連ニュース

エンジン車はマンモスと同じ運命を辿るのか?

​サウジ、女性の車運転を解禁 今後の展開は?

タグ
自動車, パリ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント