15:23 2018年07月16日
ダライ・ラマ「西欧は露を必要としている」

ダライ・ラマ「西欧は露を必要としている」

© Sputnik / Olga Lipich
国際
短縮 URL
1104

チベット仏教の精神的指導者であるダライ・ラマ14世が第3次世界大戦の可能性に疑いを表明し、西欧はロシアを必要としていると述べた。インド北部のダラムサラにある公邸でのロシアを代表する学者らとの会談の総括について行われたスプートニクとのインタビューで語った。

スプートニク日本

ダライ・ラマ14世によると、核戦争が起こった場合には地球上の全ての生きとし生けるものが滅びてしまうため、今日全ての人々が「良識と、幅広く、偏見にとらわれない思考に立脚する必要がある」という。

また、現代世界では70億人の人々全員が互いに依存しているとも指摘。「ロシアは西欧世界と米国を必要としている。ロシアにはこれらの地域のテクノロジーが必要だ。一方で、西欧はロシアを必要としている。なぜなら、ロシアは膨大な天然資源を保有しているからだ。[・・・]全人類にとって極めて不可欠なのは、東西の国々が互いを尊重して生きることだ。ロシアはユニークな地理的位置を占めており、東西間をつなぐ橋という非常に重要な役割を果たしている」とも述べた。

関連ニュース

ダライ・ラマ 警官をコチョコチョくすぐる理由を明かす

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント