18:13 2018年08月17日
バイコヌール宇宙基地でガガーリンが植えた木が枯死間際

バイコヌール宇宙基地でガガーリンが植えた木が枯死間際

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
国際
短縮 URL
0 04

バイコヌール宇宙基地で、世界初の宇宙飛行士となったユーリー・ガガーリンによって植えられた木が枯れつつあると、世界初の女性宇宙飛行士で現在ロシア下院(国家会議)議員であるワレンチナ・テレシコワ氏(81)が述べた。

スプートニク日本

テレシコワ氏は、「ユーリー・ガガーリンから始まり、我々(全ての宇宙飛行士)は並木道の木を植えてきた。暑さにも、少ない水分にも耐えているニレの木がある。今、その場所には巨大な並木道があるが、我々は毎回、ユーリーの木の具合を見ている」と強調。

初の宇宙飛行士となったガガーリンが植えた木の手入れをするソ連のヴィクトル・ヴァシリエヴィチ・ゴルバトコ宇宙飛行士とウラジスラフ・ニコラエビッチ・ボルコフ宇宙飛行士【資料写真】
© Sputnik / V. Predtecha
初の宇宙飛行士となったガガーリンが植えた木の手入れをするソ連のヴィクトル・ヴァシリエヴィチ・ゴルバトコ宇宙飛行士とウラジスラフ・ニコラエビッチ・ボルコフ宇宙飛行士【資料写真】

テレシコワ氏は、自らが既に3回、このニレの木が育つ場所を変えたものの、いずれにしても木は枯れつつあると指摘した。テレシコワ氏は、木が枯れつつある原因を究明するよう要請した。

テレシコワ氏は1963年、ボストーク6号に搭乗して宇宙に出発、初の女性宇宙飛行士となった。飛行はほとんど3昼夜続いた。

関連

タグ
宇宙, ユーリイ・ガガーリン, カザフスタン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント