16:44 2019年06月27日

約100万種の動植物が絶滅の危機=国連の新たな報告書

© REUTERS / Janine Costa
国際
短縮 URL
110

国連は、人間の活動によって約100万種の動植物が絶滅の危機に瀕しているとの報告書を発表した。

スプートニク日本

報告書は1800ページに及び、作業には50カ国の専門家が参加、1万5000の学術研究に基づいている。

6日に仏パリで開かれた会議では、報告書を40ページに要約したものが発表された。

報告書では、人間の活動は常に環境に影響を及ぼしてきましたが、過去50年間で人口が倍増、経済の規模は4倍に成長したため、その影響は脅威となったと指摘されている。

また報告書には以下のデータが記載されている:

  • 1980年から2000年にかけて南アフリカと東南アジアで1億ヘクタールの熱帯雨林が失われた。
  • 土壌はあまりにも集中的に使用したため劣化し、土壌の生産性は数十年前と比べて平均23%低下した。
  • 都市地域の面積が過去27年間で倍増した。
  • 地球表面のプラスチックごみの汚染は1980年から10倍に増えた。
  • 人類は毎年3億トン~4億トンの重金属や有害廃棄物を出している。
  • 1900年から陸上の動植物の種は20%減少した。
  • 過去500年間で680種の脊椎動物と9%の家畜種が絶滅した。

た報告書では、今後数十年間で800万種の動植物(うち550万種は虫)のうち1種が絶滅の危機に瀕していると強調されている。

関連ニュース

タグ
環境, 動物, 自然, 国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント