04:55 2019年11月20日
元米国防長官、世界における核安全保障の危機を警告

元米国防長官、世界における核安全保障の危機を警告

© 写真 : Glenn Fawcett
国際
短縮 URL
0 20
でフォローする

核の惨禍の防止に関する国際ルクセンブルク・フォーラムの専門家たちは、世界の戦略的安定性と核安全保障は、同分野で最初の国際条約が締結されてから半世紀の間で最悪の危機に直面しつつあると考えている。

スプートニク日本

元米国防長官ウィリアム・ペリー氏は、トランプ政権にとっての新たな規範は新しい条約について一切交渉しないことと、存在していた条約から体系的に離脱することであり、これは権力に就いた時にすでに実行されたと指摘した。

ペリー氏は、トランプ氏は約50年にわたって露米関係に存在していた規則に背いているとの見方を示している。

ペリー氏は、1972年に合意に達した第一次戦略兵器制限交渉(SALT I)から2011年に発効した新戦略兵器削減条約(新START)まで、「米国やロシアの各政権は、二国間条約によって核軍拡競争の危険性を制限しようとしていた...」と述べた。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント