18:07 2019年09月22日

欧州サッカー連盟(UEFA)プラティニ前会長 汚職疑惑で拘束

© Sputnik / EQ Images
国際
短縮 URL
0 31
でフォローする

欧州サッカー連盟(UEFA)ミシェル・プラティニ 前会長 が、2022年W杯招致国の決定をめぐる汚職疑惑捜査で仏で逮捕された。 仏ネットニュースサイト「メディアパート」が報じた。

スプートニク日本

2022年のW杯招致国をカタールとする決定は2010年に採択された。当時、 プラティニ 容疑者はUEFAの会長を務めていた。

メディアパートの報道によれば、 プラティニ 前会長 が逮捕されたのは18日朝。 汚職疑惑捜査では、2010年当時、サルコジ仏政権で大統領府事務総長の職にあった クロード・ゲアン氏にも取り調べが行われている。

関連ニュース

ロシア内務省汚職対策課の元責任者に、収賄の罪で有罪判決

タグ
サッカー, 汚職
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント