08:20 2019年08月24日
マクロソフトが盗聴を認める スカイプとコルタナのユーザーの会話

マクロソフトが盗聴を認める スカイプとコルタナのユーザーの会話

© AFP 2019 / Tobias Schwarz
国際
短縮 URL
0 010

マイクロソフトは、スカイプと音声アシスタント「コルタナ」のユーザーの会話を盗聴し、録音していたことを公式に認めた。今度、個人データ収集に関する警告が、会社のプライバシーポリシーの更新されたバージョンとして正式に登録される。

マイクロソフトのオーディオファイルの録音と盗聴の事実の確認は、『ヴァイス(マザーボード)』誌の記事の発表後に決定された。この記事には、マイクロソフトは州外の局外スタッフらにユーザーの会話の音声録音を送信し、それには会社の顧客の個人データも含まれていたと記載されていた。

この件で『ヴァイス』誌は、以前マイクロソフトのプライバシーポリシーには、企業のスタッフがユーザーの会話を録音するためのアクセスの権利を有すると明確に表示されていなかったと指摘した。

「最近提起された問題に関連して、従業員が時折オーディオ録音にアクセスできることを具体的に示すと、作業をよりうまく処理できるという結論に達した」とマイクロソフトの代表者の回答を引用してポータルサイトに公表した。

今ではプライバシーポリシーには「個人データの処理には自動方式とスタッフが手動で行うことの両方が含まれる」と表示されている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント