12:57 2020年02月22日
国際
短縮 URL
イランでウクライナ機墜落 (19)
0 47
でフォローする

ウクライナ国家安全保障会議は、ウクライナ国際航空のボーイング機がイランの首都テヘランに墜落したことについて、対空ミサイル攻撃、テロ、技術的な理由によるエンジンの爆発が主な原因として考えられると発表した。

先にイラン当局は墜落原因について、飛行中のエンジン火災の可能性が高いと発表し、対空ミサイルやテロの可能性は除外された。

西側メディアも、技術的な不具合が原因である可能性が高いと考えている。先にロイター通信は、カナダの情報当局関係者の話をもとに、エンジンの1つの過熱が原因だったと報じた。ロイター通信の消息筋は、西側の情報機関はミサイル攻撃が原因ではないとの結論に達したと強調した。

イランでボーイング機墜落

イランの首都テヘランで8日、ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機が墜落した。キエフ行きのボーイング機は、テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。

同機に搭乗していたイラン人、ウクライナ人、カナダ人、ドイツ人、スウェーデン人、アフガニスタン人の乗客167人と乗員9人の計176人が死亡した。

先に発表されたイラン民間航空機関の報告書によると、ボーイング機は飛行中にすでに燃えていたという。

トピック
イランでウクライナ機墜落 (19)
タグ
墜落, イラン, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント