18:02 2020年03月28日
国際
短縮 URL
0 12
でフォローする

インドの最高裁は女性がインド軍の上級ポストに就任することを承認した。空軍大佐とそれ以上の官位が認められたと、NBC系列のインターネットチャンネルKXAN Newsが報じた。

最高裁の決定は、軍に従事するインド人男性の数が多いという点から不満の声を呼び起こした。男性らは「弱い女性」に従う準備はできていないと表明した。しかし、裁判所はこうした発言を差別的なものとみなした。

インド政府はすでに昨年、女性将校の承認へ第一歩を踏み出しており、通信や航空、対空防衛、砲兵、諜報活動、補給、また工兵といった分野での就任を承認している。

女性司令官がまもなく潜水艦に誕生する可能性がある。近代化された米国潜水艦「バージニア」級は女性の搭乗に適応されることがすでに知られている。とりわけ、艦内には個別の衛生室が設置されるほか、すべてのバルブは簡単にひねれるように改良され、コントローラーとディスプレ、スイッチは、女性が使用しやすいように設置位置が低くされる。

関連ニュース

ニュージーランド海軍、化粧もマスカラも可能 男女共通ルール

タグ
軍事, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント