23:40 2020年05月25日
国際
短縮 URL
0 40
でフォローする

国連安全保障常任理事会の5常任理事国(ロシア、米国、中国、フランス、英国)は、テレビ会議形式の首脳会議開催に向けて具体的な日程を調整している。ロシアのラブロフ外相が明らかにした。

ラブロフ外相は、モスクワ国際関係大学の学生向けのオンライン講義で「現在、5常任理事国は、コロナウイルス対策の策定に貢献する方法を考えている。その目的で原則的にビデオ会議を実施することで合意されており、現在、具体的に何日に実施できるか決められているところだ」と述べた。

なお、れっきとした面と向かい合っての首脳会談については、現在、実際にその調整に着手するのが可能な状況になるのが待たれている。

5常任理事国首脳会談の開催を提案したのは、ロシアのプーチン大統領。現時点ですべての国が参加の用意を表明している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント