07:12 2020年10月22日
国際
短縮 URL
ベラルーシでの抗議デモ (49)
0 21
でフォローする

ノーベル賞作家で、ベラルーシ反体制派による権力移行を目的とした調整協議会メンバーのスベトラーナ・アレクシエーヴィチ氏が視察団を首都ミンスクに派遣するよう国連総会に要請した。仏ル・モンド紙に報道関係者らと連名で掲載した記事で明らかになった。調整協議会の理事会メンバーはその多くが国外に逃れたか、または逮捕されており、ベラルーシ国内で活動を続ける理事はアレクシエーヴィチ氏のみとなっている。

10日のル・モンド紙には、アレクシエーヴィチ氏に加え、ベラルーシ・ジャーナリスト協会のアンドレイ・バストネツ会長と非政府系組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)のクリストフ・ドロワール事務局長による連名の記事が掲載された。記事の中でアレクシエーヴィチ氏は国連総会に対し、「ジャーナリストに対する迫害の実態を確認する」目的で視察団を派遣するよう要請した。

​さらにアレクシエーヴィチ氏は欧州安全保障協力機構(OSCE)に対し、ベラルーシ危機の調停に向けた仲裁を進める中で、報道の自由をベラルーシ政府に義務付けるよう求めた。

調整協議会の理事らはいずれも国外に逃れたか、または逮捕されており、ベラルーシ国内で活動を続ける理事はアレクシエーヴィチのみとなっている。そこで欧州の外交官らはミンスクにあるアレクシエーヴィチ氏の自宅を訪問し、調整協議会が進める活動の目的、および手段について、いずれも憲法に基づいた合法的なものであるとし、追い詰められたノーベル賞作家に連帯の意思を表明した。

 

先にベラルーシ最高検察は調整協議会が進める活動は権力簒奪の試みであるとし、刑事事件として捜査を開始した。調整協議会のメンバーはいずれも国外に逃亡したか、あるいは当局に拘束されて尋問を受けている。

© Sputnik / The Press Service of the President of the Republic of Belarus

なお、アレクシエーヴィチ氏の自宅に不審者らが押し入ろうとした事件が起こったことから、現在はジャーナリストらが氏の自宅警備にあたっている。


中央選挙委員会がベラルーシでの大統領選挙でアレクサンドル・ルカシェンコ氏が大統領に選出されたことを発表した後、国内では大規模な抗議行動がはじまった。行動参加者たちは公正な選挙の実施を要求し、警官と抗議行動者との衝突が撮影された動画がロシアや他国で大きな反響を呼んだ。

トピック
ベラルーシでの抗議デモ (49)
タグ
大統領選挙, ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント