02:01 2021年05月16日
国際
短縮 URL
0 15
でフォローする

各国が必要な資金調達を提供しなかった場合、世界はこの75年でもっとも困難な人道的危機に直面するリスクを負っている。国際連合世界食糧計画(WFP)デイビッド・ビーズリー事務局長が表明した。

同事務局長は、この4年間で主に武力紛争を原因に餓死に直面している人々の数は8000万人から1億3500万人に増加したと強調した。

ビーズリー事務局長は新型コロナ対策に関連して開催された国連総会の特別会で、「しかし、新型コロナウイルスにより文字通り餓死に向かっている人々の数は1億3500万人から最大2億7000万人に増加した」と報告した。

同事務局長によれば、「文字通り2021は、私たちが現在直面している事態に端を発した破局的な年となる」という。

また同氏は、「私たちは19兆ドルを費やした以上、おそらく、2021年にはこのお金はない可能性があり、そしてなくなるでしょう。経済の低迷が発生しており、需要は2倍に増加したのです」と指摘した。

しかし、同事務局長によれば、必要な資金が集められた場合、不安定さや飢餓、移民の問題を予防することは可能だという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント