03:58 2021年06月19日
国際
短縮 URL
0 82
でフォローする

5月下旬に行われる世界保健機関(WHO)の総会にオブザーバーとして台湾を招待するかどうかが問題となっているが、WHOはこれを決定するのは194の加盟国だと表明した。

アントニー・ブリンケン米国務長官は7日、5月24日からオンライン形式で開催されるWHOの年次総会に、オブザーバーとして台湾を招待するようWHOに呼びかけていると述べた。

一方、WHOは「年次総会における台湾のオブザーバーの地位は、194のWHO加盟国が検討し、決定する問題である。194の加盟国の過半数による決議または決定によって、オブザーバーを招待することができる」と告げている。

台湾は、かつて総会にオブザーバーとして参加していたが、ここ数年は中国の反対で招待されなくなっている。

関連ニュース

タグ
WHO, 米国, 台湾
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント