19:21 2021年06月15日
国際
短縮 URL
筆者 :
0 30
でフォローする

北海道稚内市の沖合でロシア当局に拿捕された日本の漁船について、日本外務省は漁船が日本の排他的経済水域で操業していたとして解放を求めている。これに対しロシア側は同国の排他的経済水域で漁船が逃走をはかったと主張し、意見が対立している。NHKが報じた。

北海道の稚内機船漁協に所属する「第百七十二榮寳丸」は5月28日、稚内市の沖合でロシアの国境警備局に拿捕された。漁船はサハリンの港に連行された。日本外務省は自国の排他的経済水域で操業していたことが確認されたとしてロシア側に抗議し、速やかな解放を求めている。

これに対し、ロシア外務省は公式サイトで声明を発表した。声明によると、漁船はサハリン沖のロシアの排他的経済水域で見つかり、要請に応じずに逃走をはかって危険な操船をしたという。

漁船が所属する稚内機船漁協は違反をしていないと主張し、解放を求めている。


ロシア連邦保安庁サハリン州総局広報部は先月28日、オホーツク海で日本籍漁船が不審な動きを見せたため拘束したと発表した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント