02:55 2021年06月19日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

ベラルーシ政府によって過激派組織と認定されたテレグラム・チャンネル「Nexta」の創設者、ロマン・プロタセヴィチ氏はベラルーシ国営放送ONTによるインタビューに応じた中で、国内には政府転覆を目論む過激派組織が未だ存在すると指摘した。 プロタセヴィチ氏は5月23日、ギリシャからリトアニアに向かっていたアイルランドの航空会社ライアンエアーの航空機に搭乗しており、同機がベラルーシ上空を飛行中に緊急着陸させられた後に当局によって拘束されていた。

プロタセヴィチ氏はベラルーシ国営放送によるインタビューの中で次のように指摘した。

おそらくベラルーシには複数の潜在的な組織が未だ存在する。この情報がどの程度正しいか判断は難しいが、少なくとも一部の組織がまだ検挙されていないことは確かだ。 

プロタセヴィチ氏は政府転覆計画を企んでいた首謀者らとの交流を通し、この結論に至ったという。

​先にベラルーシ政府は、有名な社会活動家ニコライ・アフトゥホヴィチ氏のグループがウクライナ経由で武器を搬送し、国内でテロ行為を用意していたとして摘発していた。 

また、プロタセヴィチ氏は国外に身を寄せているベラルーシ反体制派の指導者スヴェトラナ・チハノフスカヤ氏と会談した際、国内には政府転覆を目論む組織が存在する点ついて意見を交わしたという。

プロタセヴィチ氏は政府転覆計画を議論する初回のZoomミーティングに参加したと認めている。その中では政府転覆計画とアレクサンドル・ルカシェンコ大統領の暗殺計画について意見が交わされたとのこと。プロタセヴィチ氏は会議の中でコメントを行い、その後はミーティングに参加していなかったと主張している。

また、チハノフスカヤ氏に対し、クーデターを目論む組織が国内に存在するということを自ら伝えたと証言している。

関連ニュース

タグ
ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント