20:03 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミックにより2020年に予定されていた児童の計画的な予防接種に遅れが生じており、本来は予防可能な伝染病が再流行し、社会に危機的状況をもたらす可能性がある。世界保健機関(WHO)と国際連合児童基金(UNICEF)が15日に共同で声明を発表した。

WHOとUNICEFの最新データによると、2020年は新型コロナウイルスのパンデミックにより世界で2300万人の児童が計画的な予防接種で必要とされる主要なワクチンを接種しなかった。これは前年比で370万人ほど多い形となる。中でも、約1700万人の児童が過去1年間の間で1度も予防接種を受けてないと推測されており、専門家らの間で懸念を呼んでいる。

WHOとUNICEFの声明によると、保健所が新型コロナウイルスへの対応で多忙を極めた結果、東南アジアや東地中海では特に予防接種に遅れが生じているという。WHOによると、予防接種が行われなかったことでパキスタンでは麻疹が流行した。その他、様々な国や地域でジフテリア、破傷風、百日咳の予防接種に遅れが生じているという。

集団免疫の獲得には95%の水準が必要とされているところ、予防可能なこうした病気のワクチン接種の水準は86%にまで低下している。

また、成人女性の間で子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス感染症(HPV)の予防接種は依然として低い水準で推移しており、このパンデミックでさらに遅れが生じた。世界全体では160万人の女子が予防接種の機会を逸し、2019年の時点で接種率が15%だったところ、2020年度は13%にまで低下した。

関連ニュース

タグ
病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント