02:34 2021年10月19日
国際
短縮 URL
0 33
でフォローする

米国政府は朝鮮半島における終戦宣言に向けた議論に応じる姿勢がある。米国防総省のジョン・カービー報道官が22日のブリーフィングで表明した。 

カービー報道官は22日のブリーフィングで次のように発言した。

米国は北朝鮮との対話、及び外交を通して朝鮮半島における堅固な平和の実現に向けて引き続き取り組む覚悟である。我々は様々な問題の解決に向けて協働を継続するほか、終戦宣言の可能性を議論する用意がある。

ニューヨークで開催されている第76回国連総会では、米国と中国の代表団が出席する中で韓国の文在寅大統領が朝鮮半島の終戦宣言を呼びかけた。この呼びかけについてコメントした中でカービー報道官は米国政府としても終戦宣言に向けて取り組む用意がある姿勢を示した。

関連ニュース

タグ
米国, 国連, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント